Photo:©Koji Fujii / TOREAL
Photo:©Koji Fujii / TOREAL
Photo:©Koji Fujii / TOREAL
エステサロンの内装計画。閉店となった某エステサロンの居抜き状態から計画はスタートした。会員制かつ招待制として運営するため、誰にでも開かれた店舗ではなく、プライバシーに配慮したシークレットな店舗となるように内装の刷新が求められた。
心を穏やかに整え、身体を健やかに保つことで、豊かさを実感する。「ウェルビーイング」という言葉に象徴されるように、心身を穏やかで健康に保つことは現代における幸福度を示す指標である。エステサロンという閉ざされた空間において、衣服を脱ぎ裸になって自らの身体をケアすることは、飾らない自分自身と向き合うことでもある。そうした場所に必要なのは、華美に飾られた装飾的な空間ではなく、静かで内省的な中にも品がある空間であるべきだと考えた。
入居するビル自体は大通りに面しており、フロアは間口が狭く奥に細長い。道路側に大きな開口部を設けた路面店としての設えは、一般的には優位な条件であるが、プライバシーに配慮した店づくりを目指す上では、逆に不利な条件となる。
そこで外部からの視線を遮るように内側に一枚の壁を立て、外界と室内を隔てるバッファーゾーンとして小さなアプローチをつくった。四角い整形な空間となったラウンジは、全体をウォールナット調の壁で覆い、均整なグリッドに分割することで、静けさと品格を感じさせる空間とした。
This project is the interior design of a beauty salon. The project started from a vacant tenant with partial equipment of a former beauty salon.  In order to operate as a members-only and invitation-only store, the interior design had to be renovated so that it would not be open to everyone, but rather a secret store with privacy in mind.
By making your mind calm and your body healthy, you will experience a sense of well-being. As symbolized by the word "well-being," keeping oneself calm and healthy is an indicator of happiness in the modern period.  The beauty salon is a closed space where the guests undress and care for the body while facing one's natural self.  What is needed in such a place is not a flamboyantly decorated space, but one which is quiet and introspective with a sense of elegance.
The property is facing the main street with a narrow frontage which is elongated towards the back.  While a street-level store with a large opening on the street side is generally an advantage, it is a disadvantage when aiming to create a store with privacy. Therefore, a wall was erected on the inside to block the view from the outside, and a small approach was created as a buffer zone to separate the outside world from the inside. The lounge, which is a square-shaped space, is entirely covered with walnut wood-style walls and divided into an even grid to create a space of tranquillity and dignity.
Photo:©Koji Fujii / TOREAL
Photo:©Koji Fujii / TOREAL
施術が行われる個室では同じくウォールナット調をベースに落ち着いた色調で計画し、最小限の照明を用いて柔らかく暖かい光に包まれる空間とした。ペアでの利用を想定したVIPルームは、元々あった2室を1室へと統合して大空間を確保し、サウナと水風呂を併設している。ダークグレーで統一した大空間は、照明を弱めるとどこまでも広がる深い闇のような静かな空気を纏うこととなった。
都会の喧騒や社会でのキャリアから離れて自分の内側に潜っていき、そしてまた浮上して日常へと戻っていく。一連の流れが深い体験となるように素材や色調、照明を細かくコントロールしながら全体をデザインした。
In the private room where the treatment takes place, the same walnut tone is used as the base color to create a calming palette. The space is enveloped in soft and warm lighting. The VIP room, which is intended for use by pairs, has been integrated from the original two rooms into one large space with a sauna and bath.
The purpose of the space is to create an environment where people can get away from the hustle and bustle of the city and their careers in society, dive inside themselves, and then surface again to return to their daily lives. The space was designed with a detailed control of materials, color tones, and lighting to make a profound experience.
【Data】
THE AZABU HOUSE
種別:内装デザイン・設計監理
用途:エステサロン(会員制・招待制)
施工:株式会社ロンテック
延床面積:149.18㎡
所在地:東京都
竣工:2021年4月
写真:藤井浩司 / TOREAL

【Media】

Categories: Interior
Typology: Beauty Salon(Membership and invitation system)
Constructor: Rontec
Size: 149.18㎡
Location: Tokyo
Completion: 2021.04
Photographs:  Koji Fujii / TOREAL Inc.  
ラウンジ
ラウンジ
ラウンジ
ラウンジ
ラウンジ
ラウンジ
ラウンジ
ラウンジ
ラウンジ/アプローチ
ラウンジ/アプローチ
個室
個室
洗面カウンター
洗面カウンター
浴室/サウナ
浴室/サウナ
ラウンジ 改修前
ラウンジ 改修前
個室  改修前
個室  改修前

You may also like

Back to Top